江戸最初 山 手 七 福 神
カウンター
東京 北の丸公園 最高気温15.2℃ 最低気温4.4℃ 快晴 最大風速3.1m/s
巡礼・お遍路へ  七福神巡りへ



      山手七福神巡り


 七福神信仰は室町時代の中頃から起こり、始めは恵比寿・大黒天が信仰され、江戸時代中期には庶民にとっては信仰の一つとして多くの方に今の七福神の形が定着いたしました。
 「江戸最初・山手七福神」は江戸城の裏鬼門守護のため、将軍の鷹狩りの際に参詣した「目黒の不動堂(龍泉寺)」の参詣道筋に設置された江戸時代から続く、江戸最初の七福神巡りです。
 「七福神」はインド・中国・日本の福を授ける神仏を七体集め、全ての人々が望む「願い」を聞き、御利益を与えてくれる日本独特の信仰です。特に「江戸最初・山手七福神」では下図のように□内の寺院(恵比寿・弁財天・大黒天)から、○内の寺院へお参りするのを「商売繁盛祈願」、また○内の寺院(福禄寿・寿老人・布袋尊・毘沙門天)から□内の寺院へお参りするのを「無病息災・長寿祈願」として御利益があると言われております。
 当時の庶民は元旦から七草までの間に近くの七福神を巡り歩き、一年間の家内安全・無病息災・商売繁盛などを祈願しました。
江戸最初 山手七福神 色紙
江戸最初 山手七福神 色紙
毘沙門天 覚林寺(清正公)
       御利益別 山手七福神巡り 毘沙門天 覚林寺(清正公)

□寺院


滝泉寺
恵比寿神
(目黒不動)



蟠龍寺
弁財天
(岩屋弁天)


大円寺
大黒天





  商売繁盛祈願

      →





     ←

    無病息災
    長寿祈願

○寺院

妙円寺
福禄寿尊
寿老人尊
(白金妙見


瑞聖寺
布袋尊


覚林寺
毘沙門天
(清正公)
布袋尊 瑞聖寺
布袋尊 瑞聖寺
福禄寿尊 寿老人尊 妙円寺(白金妙見)
福禄寿尊 寿老人尊 妙円寺(白金妙見)
大黒天 大圓寺
大黒天 大圓寺
弁財天 蟠瀧寺(岩屋弁天)
弁財天 蟠龍寺(岩屋弁天)
恵比寿神 滝泉寺(目黒不動)
八ツ目や 蒲焼 にしむら