カウンター



東京 北の丸公園 最高気温15.2℃ 最低気温4.4℃ 快晴 最大風速3.1m/s
巡礼・お遍路へ 七福神巡りへ 江戸最初山手七福神



霊雲山 称明院 蟠龍寺


浄土宗

縁起


浄土宗寺院の蟠龍寺は、霊雲山称明院と号します。

蟠龍寺は、慶安元年(1648)に開創した称明院を、増上寺の霊雲上人が宝永6年(1709)に霊雲山称明院蟠龍寺として改名再建しました。

境内の弁財天は、山手七福神の弁財天となっています。

御朱印

 
 目黒行人坂付近にあった称明院(慶安元年1648年開創)を、増上寺の霊雲上人が浄土宗の戒律を復興するため現在地に移し、
宝永6年(1709)霊雲山称明院蟠龍寺と改名再建されました。
 次いで、寛政6年(1794)律院となりましたが、「不許辛肉酒入山門」の結界石がその名残りを今にとどめています。
本堂には本尊として「木像阿弥陀如来像」(都指定文化財)があり、天明年間(1781-1788)に東都三番札所となり善光寺式阿弥陀三尊像も祀られています。
 「江戸名所図会」に載った境内は、当時の風趣が偲ばれ、元禄11年(1698)建立の地蔵尊があります。
また、山手七福神の一つであり、江戸裏鬼門の鎮守として岩窟内に石造弁財天、弁天堂内に木造弁財天(八臂の天女像)が安置されています。
 さらに境内には、藍蝋の歌碑や下目黒尋常小学校創立之碑などもあります。(目黒区教育委員会掲示より)



山門を出て坂を下り、左に曲がると雅叙園です。
太鼓橋                          たいこばし

安政4年(1857)の広重「名所江戸百景 目黒太鼓橋より夕日の岡」 
冬景色の目黒川に架かる「太鼓橋」
目黒川東岸の橋の袂に「椎の木」、左に「夕日の岡」(大円寺・明王院一帯)が描かれています。

                               (目黒区と品川区の寺社巡りより)


江戸名所図会(天保5〜7年1834〜6)「太鼓橋」。
往時の太鼓橋は、江戸内でも例が無い石造りアーチ形橋でしたが、
大正9年(1920)9月の大洪水で流され、翌年に木橋が架けられている。

                                  (目黒区と品川区の寺社巡りより)


  
       椎の木


       太鼓橋


      目黒雅叙園


 椎の木
 椎の木はブナ科の広葉常緑樹で、目黒区の木として指定されている。
 椎の木は浮世絵師、歌川(安藤)広重(1797〜1858)画の〈江戸名所百景ー目黒太鼓橋夕日の岡〉(安政4年)中にも描かれている。
 水と緑に恵まれたここ夕日の岡一帯は、遠く富士の頂きをのぞむ美しい自然の名勝として椎の木と共に親しまれてきた。
 
 太鼓橋

 太鼓橋は1700年代初頭に木喰上人が造り始め、後に江戸八丁堀の商人達が資材を出し合って宝暦14年(1764)から6年の歳月を経て完成した。
 広重はこの太鼓橋を浮世絵に描いており、こうしたアーチ形の石橋は江戸の中でも他に例がなく、目黒の欧風文化の第一号とさえいわれたが、大正9年9月1日に豪雨により石橋が濁流にのまれたため、昭和7年架設された。
 現在の橋は、目黒川流域の都市整備計画により平成3年11月に完成した。

目黒川 山手通り(環状六号線) 山手通り 目黒区下目黒二丁目
ただいぶ老朽化した歩道橋ですね。 環状六号線(山手通り) 地下には首都高山手トンネルが走っています。
仏教旗が見えます。 下目黒歩道橋 注意 歩行者優先
七福神 浄土宗 霊雲山 蟠龍寺
岩 屋 辨 天
江戸最初山手七福神
弁 財 天
霊雲山 蟠龍寺 (岩屋弁天)
目黒区みどりの散歩道
蟠龍寺と弁天様
 この寺の創建は宝永6年(1709)。
浄土律復興のため、増上寺の高僧・雲龍上人が行人坂下の称明院をここ移し、蟠龍寺と改名された。
 本尊阿弥陀如来像(都文化財)・善光寺如来像が安置されている。
 本堂横の祠の中に山手七福神の石仏の弁財天があり、木造の弁財天は、お堂にまつってある。
 池の奥に「おしろい地蔵」の異名をもつ地蔵がひっそりと立つ。
参道
参道の右側には石仏がいらっしゃいました。 千両 万両
蟠龍寺 本堂  扁額「蟠龍寺」

 目黒行人坂付近にあった称明院[慶安元年(1648)開創]を、増上寺の霊雲上人が浄土宗の戒律を復興するため現在地に移し、宝永6年(1709)「霊雲山称明院蟠龍寺」と改名再建されました。
 次いで、寛政6年(1794)律院となりましたが、「不許辛肉酒入山門」の結界石がその名残りを今にとどめています。
 本堂には本尊として「木造阿弥陀如来像」(都指定文化財)があり、天明年間(1781〜1788)に東都三番札所となり善光寺式阿弥陀三尊像も祀られています。
 「江戸名所図会」にのった境内は、当時の風趣が偲ばれ、元禄11年(1698)建立の地蔵尊があります。また、山手七福神の一つであり、江戸裏鬼門の鎮守として岩窟内に石像弁財天、弁天堂内に木造弁財天(八臂の天女像)が安置されています。
 さらに境内には、藍?の歌碑や下目黒尋常小学校創立之碑などもあります。
  平成7年3月
          目黒区教育委員会

 
豪華な花が生けられてます。  本堂
本堂脇の石段を上がると
弁財天が祀られている小さなお堂があります。
弁財天はガラスで覆われていますので撮るのが難しかったです。 弁財天堂の左下に降りますと
岩の中に弁財天が祀られていました。
岩屋弁財天
観音様でしょうか。
岩窟辨財天 本堂  
おしろい地蔵
七福神の幟 寒いのに水仙が咲いていました。 11時 蟠龍寺を発ちました。


 
  仏教旗
仏旗(ぶっき)とは、仏教を象徴する旗。
「六色仏旗」「六金色旗(ろっこんしょくき・ろっこんじきき)」、「仏教旗」とも呼ばれる。

国際的には1950年5月25日に、世界仏教徒連盟(WFB) の第1回世界仏教徒会議(開催国:スリランカ)において、連盟の初代会長になった
G P Malasekera によりこの旗を世界の仏教徒のシンボルとする提案がなされ、正式に「国際仏旗」として採択された。

日本国内では1954年に、第2回日本仏教徒会議(会場:永平寺)において採択される。
旧来の色は、「緑、黄、 赤、白、黒(紫)」の五色で、現在(2008年)でも、旧来の五色を用いている寺院もある。

寺院では、法要等の行事の時に、山門や本堂入口などに掲げ用いる。


旗の色
国際仏旗は、左から青、黄、赤、白、橙、そして一番右の列には5色を上から順番に並べた縞模様となっており、
それらの色にはそれぞれ意味が込められている。

  青は仏陀の頭髪の色で、「定根」をあらわす。
  黄は仏陀の身体の色で、「金剛」をあらわす。
  赤は仏陀の血液の色で、「精進」をあらわす。
  白は仏陀の歯の色で、「清浄」をあらわす。
  樺(橙)は仏陀の袈裟の色で、「忍辱」をあらわす。
  残りの1色は「輝き」をあらわし、旗の6列目には独自の色は配されず、他の5色を上から順に並べた縞模様で表現される。
                                        (Wikipediaより)